読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福澤さんの悩みを共有してみよう

いろんな人に悩みをうちあけたら、「それは誰でも同じことだ」という旨を言われることが非常に多いなと思いました(なんかあまり親切じゃないですよね)。それならば、悩みを共有できる場を作って、少しでも多くの人が見せかけでも安心が得られるように、とブログを作ることにしました。

国債を買うって、いいことなの???

こんにちは、こんばんは。福澤みさき(@misky42)、32歳です。

私はよく「森永卓郎さんに顔が似てる」と言われますが、経済のことは何一つわかりません(小学生~中学生程度の経済知識だと思ってもらって間違いないかと思います)。
最近、危機感を感じてお金の勉強をしていることは、前のブログ記事に書いたとおりですが、お金のことで、前から疑問に思っていたことがあります。
それは、資産運用のひとつとして挙げられる(個人向け)国債のことです。
国債は、投資の中では安全性が比較的高くて、ローリスク&ローリターンな投資として有名です。
定期預金に預けるよりはマシかな、くらいの微々たる利息ですかね。
雀のなみだでも、利息は利息なので、比較的リスクの低めな国債を買う人もいると思います。
でも、ひとつ疑問に思うことがあります。

国債って、日本国の借金を増やすことになりませんかね。
日本国の借金が増えたら、日本人の私たちに何か影響がありませんかね。
私は、親族からもらうおこづかいとか、親族にモノを売って利益を得ることに対して、全然「お金増えた感」を感じません。
もちろん、親族であっても他人は他人で、自分とは関係ないのですけれども、なんとなく、「お金増えた感」を感じなくて、お金増えた感を感じるのは、外部の、親族とは関係ない人からお金を得るような出来事があったときのみなんです。
それと似たような感覚を、国債にも感じます。
自分の国から利息もらって、私のお金増えたことになるのかな。
ただの感情の問題で、理論的には間違っている事なのかもしれないけれども、国債で利息もらえたとしても、自分のお金、実際は増えてない気がするんです。
どうなんでしょう。
日本国はお金を我々から借りた分、倍以上めっちゃどっかから稼いできてくれて、実際には国は借金しても、国の赤字にはなってないんでしょうか(もう自分でも何を言ってるのかわけがわからない)。

なんかもう、小学生以下のアホな考えや質問なのかもしれませんが、わからないことについてわかっているふりをせず、正直に、恥を覚悟で書いております……。

教えて、池上彰さんみたいな人!!(そこは森永卓郎さんじゃないんかいッッッw)

 

お金が貯まる! 45の選択 お金で得する人、損する人の考え方

お金が貯まる! 45の選択 お金で得する人、損する人の考え方